パン

テーブルパンレシピ

材料

テーブルパン
強力粉...250g
ドライイースト...6g
砂糖...16g
食塩...5g
水...170cc(※40℃前後のぬるま湯を使用)
バター...15g

作り方

  1. バターは細かく切って室温において、やわらかくしておき、水は40℃程度に温めておきます。
  2. ボールに、強力小麦粉、ドライイースト、砂糖、塩を入れ、泡立て器でまんべんなく混ぜ合わせます。ぬるま湯を加え、木べらでざっと混ぜて、粉に水分がいきわたればいいです。
    次に生地がまとまるまで、赤ちゃんの耳たぶくらいのやわらかさを目安に手で混ぜていきます。
  3. 生地がまとまったらこね板に出し、上下にのばすようにしてこねます。次に生地の端をもって、こね板の上にたたきつけ、違うところをもってまたたたきつけます。
  4. 生地が手にくっつかなくり、生地のキメが細かくなってきたらボールに戻し、室温でやわらかくしておいたバターを加え、もみこむようにして混ぜ合わせます。
  5. 再びこね板に出して、強く引きのばす動作はひかえて、やさしく折りたたむようにしたり、手のひらで生地を押しつけるようにこねて下さい。
    表面がなめらかになって、生地につやと弾力が出てきたらいいです。熟練度によりこねる時間は異なりますが、10分くらいを目安として下さい。
  6. 生地の表面を張らせるようにまるめて、反対側はつまんで閉じ、なめらかな面が表になるようにしてボールに戻して下さい。ラップをかけて、暖かいところに30〜40分置いて一次発酵させます。
  7. 生地が元の大きさより1.5倍くらいにふくらんだのを発酵完了の目安にします。
    一応、フィンガーテストとして、人差し指にかるく強力小麦粉をまぶし、生地にさしてみて、指を抜いたとき、穴が小さくならないようならいいです。穴がすぐふさがるようなら発酵不足なので、もう少し発酵させます。
  8. こね板に一次発酵させた生地を取り出して、手で軽く押してガス抜きをします。平たくのばした生地を、スケッパー等で10等分にして下さい。
  9. 切り口が内側になるようにして、生地をまるく成形していきます。なめらかなほうを表面にし、裏側は生地を寄せて指でつまんでしっかりと閉じておきます。
    厚手のキャンバス布の半分に生地を並べ、上から布の半分をかぶせて、5分間ほどベンチタイムをとります。なければ乾いたふきん等で代用して下さい。
  10. ベンチタイム後、軽く押してガスを抜き、まるめなおします。クッキングシートをしいた天板等の上にまるめた生地を間隔をあけて並べ、隙間に熱湯の入ったコップ等を2つほど置いて、上からビニール袋をかぶせて、二次発酵させます。生地が1.5倍くらいの大きさにふくらみ、指で軽く表面を押してみて、ゆっくりと戻ってくるくらいを目安にします。
  11. 200℃にあたためておいたオーブンで、約12分間焼きます。6分くらいたったらオーブンは開けずに様子を見てみて、薄く焼き色がついていたらそのまま、あまり色づいていなかったらオーブンの温度を10℃上げ、焼き色がつきすぎているようなら10℃下げて調整して下さい。
  12. 焼き上がったパンは、すぐにケーキクーラー等の上に取り出し、粗熱をとります。
HOMEへ戻る
スマートフォンの発展の背景