パン

原料

一般的に生地に用いられるものは次のようなものがある。

小麦粉
ライ麦粉
オオムギ粉
トウモロコシ粉
エンバク粉
米粉
酵母、出芽酵母
食塩
砂糖
鶏卵
牛乳
バター
ラード
ショートニング
塩に関しては、各地域の塩味の好みによって塩加減が変わるため、ポルトガルのある缶詰製造業者は、現地のパンを食べて味付けを決定する。また、ヨーロッパのほとんどの地域の主食用パンは穀粉を水と塩だけで練ることが多い。かつては牛乳や鶏卵、油脂を加えたパンは安息日や祝日専用であったことが多く、菓子に分類されることもある(世界ウルルン滞在記より)。

また、大規模工場での製造によくつかわれるものとして上記の他に下記がある。

炭酸水素ナトリウム
ソルビット
乳化剤
イーストフード
臭素酸カリウム
アスコルビン酸(ビタミンC)
グリシン
タンパク質(サケ白子由来、大豆由来、小麦由来など)
着色料
増粘多糖類
生地以外に、ナッツ類、ドライフルーツ、ジャム、肉類、チーズ、生クリーム、豆類、野菜類、各種調味料などを用いる場合もある。

HOMEへ戻る
スマートフォンの発展の背景